エストニアで美女に溺れる。

エストニアという国で一人ダラダラしてます。

貧乏と恋愛

お金がないのに恋愛はできるのだろうか。

恋愛というのはとてもお金がかかる娯楽だ。

特に男にとっては、デートのたびに多大な出費が重なるし、

記念日や誕生日にはそれなりのプレゼントをしなければならない。

この辺は女性も同じか。

口では、

「お金よりも気持ちが大事!!!!」

とか平和なことをいくら口に出したとしても、やはりお金というのは重要になってくる。

色々考慮していくと、やはり貧乏人には恋愛は難しいのかなぁ。。。

 

 

いやでも、

もともと恋愛というのはお金のかからない娯楽なんじゃないかな。

お金がなくても恋人といれば楽しいみたいな。

 

なんて気持ち悪い話をしたいわけではないのだけれど、

でもお金がなくても楽しむ方法はいくらでもある。

 

もちろん、お金がないカップルでも幸せな人々はたくさんいるだろう。

でも、特に東京に住んでいるとそういう光景を見るのはとても難しいと思う。

都会にいるとどーしてもお金かかっちゃうんだよね、物理的にも精神的にも。

 

時代が変わり、

士農工商ヒエラルキーが変化した現代社会では、やっぱりお金持ってる奴が偉いみたいな風潮があって、

しかも恋愛ドラマや映画の普及で、勝手に理想の恋愛みたいなのが無意識のうちに出来あがっちゃってるんだと思う。

やっぱり大多数の人間は周りと違うのを嫌うから、

それなりに浪費する恋愛が流行ってると、わざわざ貧乏な恋愛をしたいと思う人は少ないでしょう。

 

そうやって

貧乏=恋愛できない

という方程式が出来上がってきているのだと思う。

 

昨今は「若者の恋愛離れ」が叫ばれていて、

その理由を探ってみると、お金がないという理由が常に含まれている。

好景気とは言えない現代でお金に慎重になる若者が増えるのは当たり前だと思うし、

一方で「恋愛はお金がかかる」というイメージが先行して、

理想と現実のギャップがどんどん開いていってしまってるのが問題の一つなのかもしれない。

 

その点、インターネットはお金がほとんどかからないので、

偽装恋愛まで行かなくても、恋愛に変わる何かの役割を担ってくれるインターネットに

若者たちが流れていくことはごくごく自然なんだ。

 

もっとイメージに束縛されてない自由な恋愛だったり、お金のかからないデート環境や方法というものがうまく広がってほしい。