読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート、エストニアで美女に溺れる。

エストニアという国で一人ダラダラしてます。

コミュ力の高さを売りにしている奴は、自分に魅力がない奴

タイトルはちょっと極端だけど、まぁそういうことでしょ。

特に日本おいてだけど、「コミュニケーション能力」というものが注目されすぎている。

そもそもコミュ力ってなんだろう。

僕にはよくわからないのだけれど、誰とでもそれなりに気まずくない会話ができたり、空気を読んだ会話がそつなくこなせます、みたいな感じかな。

コミュニケーション能力が高い人は評価され、コミュニケーション能力が低い人は見下される。

そんな社会の風潮が僕はすごく嫌いだ

自分自身に魅力がないのに、いくらたくさん友達や知り合いを増やしても意味がない。

豊かな人間関係というのは、お互いが素直に尊敬しあうことで成立する

お互いを尊敬しなければいけないという意識がある時点で、その関係は終わっている。

内容のない人間と友達になってくれる人間など、足したことないだろうし、無理やり魅力的な人間を知り合いに追加したところで、単なる知り合い以上にはなれないし、長く深い付き合いはできないでしょう。

コミュニケーション能力を磨いたり、友人を増やそうとする時間やエナジーがあるなら、その時間を自分自身を充実されることに使うべきだ。

コミュニケーション能力を第一に考えてる人が勘違いしてると僕が思う点は、

コミュ力なんてなくても自分自身が魅力的になれば人は集まってくる、ということである。

コミュ力なんて必要ない

僕はコミュ力なんていらないと思っている。

社会がコミュ力重視な傾向があるからって、

「自分はコミュ力がない...」

と落ち込む必要は全くない。

一番大事なのは、伝えたいことがあるかどうか。

いくらその場しのぎの会話がうまかったとしても、伝えたいことがなければ薄っぺらい会話になってしまう。

逆に、自分が伝えたいことがあるのならば、絶対相手は耳を傾ける。

それが意識が高そうな社会的な話、政治の話、そんなものである必要は全くなくて、

自分の面白い経験、好きな趣味、アニメ、アイドル、音楽、なんでもいい。

自分が熱く語れるものがないのに、無駄にテクニックだけ磨いたって何にもならないよ。