エストニアで美女に溺れる。

エストニアという国で一人ダラダラしてます。

貧乏と恋愛

お金がないのに恋愛はできるのだろうか。

恋愛というのはとてもお金がかかる娯楽だ。

特に男にとっては、デートのたびに多大な出費が重なるし、

記念日や誕生日にはそれなりのプレゼントをしなければならない。

この辺は女性も同じか。

口では、

「お金よりも気持ちが大事!!!!」

とか平和なことをいくら口に出したとしても、やはりお金というのは重要になってくる。

色々考慮していくと、やはり貧乏人には恋愛は難しいのかなぁ。。。

 

 

いやでも、

もともと恋愛というのはお金のかからない娯楽なんじゃないかな。

お金がなくても恋人といれば楽しいみたいな。

 

なんて気持ち悪い話をしたいわけではないのだけれど、

でもお金がなくても楽しむ方法はいくらでもある。

 

もちろん、お金がないカップルでも幸せな人々はたくさんいるだろう。

でも、特に東京に住んでいるとそういう光景を見るのはとても難しいと思う。

都会にいるとどーしてもお金かかっちゃうんだよね、物理的にも精神的にも。

 

時代が変わり、

士農工商ヒエラルキーが変化した現代社会では、やっぱりお金持ってる奴が偉いみたいな風潮があって、

しかも恋愛ドラマや映画の普及で、勝手に理想の恋愛みたいなのが無意識のうちに出来あがっちゃってるんだと思う。

やっぱり大多数の人間は周りと違うのを嫌うから、

それなりに浪費する恋愛が流行ってると、わざわざ貧乏な恋愛をしたいと思う人は少ないでしょう。

 

そうやって

貧乏=恋愛できない

という方程式が出来上がってきているのだと思う。

 

昨今は「若者の恋愛離れ」が叫ばれていて、

その理由を探ってみると、お金がないという理由が常に含まれている。

好景気とは言えない現代でお金に慎重になる若者が増えるのは当たり前だと思うし、

一方で「恋愛はお金がかかる」というイメージが先行して、

理想と現実のギャップがどんどん開いていってしまってるのが問題の一つなのかもしれない。

 

その点、インターネットはお金がほとんどかからないので、

偽装恋愛まで行かなくても、恋愛に変わる何かの役割を担ってくれるインターネットに

若者たちが流れていくことはごくごく自然なんだ。

 

もっとイメージに束縛されてない自由な恋愛だったり、お金のかからないデート環境や方法というものがうまく広がってほしい。

 

レイトマルチリンガル 〜何歳からでも言語は習得できる〜

僕たちはどうやってもネイティブスピーカーには勝てない。

残念ながらこれはしょうがないんすよ。

昔読んだ情報で、リソースがどこだったか忘れてしまっているので、かなり曖昧な話を今から数行に渡ってするが、

幼き頃(7歳以前くらいかな)に他言語を取得した人と、遅くなって他言語を取得した人とでは、脳の構造に明らかな違いが見られる。

というのは、ネイティブの場合は、

ネイティブ言語、例えば日本語と英語だとすると、それらを扱う脳領域が同じなんすよ。

一方で、後から言語を習得すると、日本語がネイティブだとすると、日本語とは別に英語が脳領域が作られる。

そのせいで、使う脳領域をシフトしないといけないとか、やはり二つを扱うのは大変なために、同じ脳領域で補えるネイティブとは流暢度に差が出るわけだ。

ネイティブは同じ脳領域を使っているせいで、例えば帰国子女の場合日本語に難があったりしちゃうんだけどね....

今回スポットを当てたいのは、

「何歳からでも他言語は取得できるよ」

という話。

なんか世間ではさー、グローバル化って言葉ばかり先走って、

小さい頃から英語を習わせないと...

みたいなよく聞くけどさ、

確かにネイティブになるには7歳までに勉強するのがギリギリかな。

でも、それで諦める必要なんて全くなくて

脳領域を作ってしまえばいいだけなので、何歳からでも間に合う。

ネイティブになる理由なんてどこにもないでしょ?

7歳以降に他言語を取得した人を

レイトバイリンガル

イトマルチリンガル

と呼ぶ。

これ僕も初めて聞いた。

この人たちはある能力が高いと言われていて、それは

ネイティブ言語を記憶する脳領域とは別に、

第二言語を記憶する脳領域を開拓する能力。

だから鍛えてしまえばいいんすよ。

で、しかも

この能力は遺伝すると言われている。

つまり自分が今から新しい言語を勉強して取得すれば、

子供も他言語を取得する能力が高くなるということ。

超お得じゃん!!!

30歳以降の英語学習者もバイリンガルになるという研究結果も出ていて、今からあなたが勉強して脳を鍛えればバイリンガルになれる可能性は十分あるよってこと。

 

また、これとは別に第二言語を取得すれば、ネイティブ以外の言語を習得する脳領域が開拓されているから、第三言語、第四言語などさらに他の言語を取得する理解が早くなる。

しかも日本語と違って、英語だったらその他の言語と似てる部分がたくさんあるから、

簡単に感じると思う。

日本語ってかなり特殊な言語だと思う。

その分最初の他言語(大体の人は英語かな)を習得するのは大変だと思うけど、0が1になっちゃえば、後はそんなに大変じゃないはず。

将来の子供のためにも、新しい言語に手を出してみよう!

 

 

大学は必要ないのか。

「大学は必要ない」

という意見はよく耳にする。

特に実業家とかからね。

もっとひどいと

「大学に行く奴はバカだ」

みたいな意見もある。

賛否両論あって評価が難しいところだ。

いやー実際どうなんだろ。

僕は別に行く必要もないと思ってる側だけど、そもそもこんなこと考えても無駄な気がする

まぁ僕は大学院まできちゃってどっぷりアカデミックに肩まで浸かっちゃってるゴミ人間だけど、好きな勉強をしたり楽しむためにきてるようなところだから、無駄には感じてないなぁ。

ただ将来働くということを考えた時、大学というのは大して意味のない世界だと思う。

だから「大学は必要ない!」に一票!!

理由は...

 

 

 

 

だって、授業超つまんなくね?

僕、90分の授業のうち60分はツイッターフェイスブックにいると思う。

世間はこれをゴミと呼ぶ。

先生「授業中にツイッターをやるな!」

生徒「ツイッター中に授業をやるな!!!」

くらい授業に集中してない。(実際こんなことはないよw)

もちろん面白い授業もある。

でも過半数は退屈、そう感じているのは僕だけではないはずだ。

そうなってくると、

「日本の大学生は遊んでばっかじゃん、ゴミじゃん」

みたいな槍が教授や実業家から飛んできそうだ。

いや飛んできてるし、刺さりまくってるし、お前らどんだけバカにしたいんや!

でもどうだろ。

彼らの言う「大学は必要ない」

には大学なんて社会で役に立たないから、大学なんか行かずに起業しろ!

というメッセージが込められていることが多い気がする。

その場合、それは単なる自分の価値観の押し付けにしかなっていない。

もっといえば大学生をバカにして自分は特別な人間なんだぜ!という優越感やエゴに浸りたいだけに見える。それダサくないっすか。

「好きなことをしろ」

と言われたら、

「大学生活は好きなことに含まれないんすか?」

で対応しよう。

別に働く意欲が薄い僕のような人間もたくさんいて、大学行って楽しく過ごしたいなぁというスタンスで大学にきている人間もいるわけで、それが悪い理由なんてないだろう。

「いや親に高い金払わせといて、それはないだろ」

と言いたそうな線路に敷き詰められた石みたいな顔をしている人がちらほら見えるが、

「大学に行くのが普通だから」

「大学に行かないと世間的に...」

みたいな理由でお金がないのに行くなら無駄だと思うが、

お金に余裕があって本人や親に問題がないのなら、

別にダラダラ通っていても問題はなくないか?

本人たちが

「いやー大学、、、なんかつまんないし、無駄だなー」

と感じたらやめればいいじゃん。

大学が無駄かどうかは、大学に入ってみないとわからなければ、

無駄だと感じてもそれで満足なら別にそのままいてもいい。

それに大学に行った方が就職が有利に働くという現実がある以上、

特に若くして起業した人は大学生をバカにする傾向があるが、

「大学は必要ない」で押し通すのは、違う気がする。

起業精神から見れば大学は無駄な場所でも、そうでない人にとっては無駄にはならない場所なのかもしれないのだから。

 

 

長い目で見ると、ダイエットは太る。

自分の体を理解する、もっといえば脳や体のメカニズムを理解した上でダイエットに取り組んでいかないと、失敗するどころかもっと太っちゃう可能性があるんすよ...

とても悲しいニュース。。。

なんでもそうだけど、問題の本質に焦点を当てないと、効率が悪かったり、全く効果がなかったりしてしまう。

科学的なアプローチというのはとても便利である。

科学や数学が得意でない人も、科学的なアプローチ、もっと言えば物理学的な思考を身につけたほうがいいと思っている。

問題の本質に目を向け、0を1にしていくという思考だ。

ダイエットだろうがなんだろうが、物事の根本に目をむけていこう。

前回ダイエットのメカニズムについて書いた。

世の可愛いを作りたい女性にむけての僕からの全力メッセージだ!!

前回一番言いたかったのは、

一瞬の体重増加が、恒久的なものになりうるということだった。

ダイエットというのは当てにならない。

もともとの体を自分の脳が平常体型、体重だとみなしている以上、意識では痩せたくてもなかなか働いてくれない。ジレンマがある。

ダイエットのあと5年もすれば、大抵の人は体重が戻ってしまう。

4割の人はもともとの体重以上になってしまうと言われている。

だから、ダイエットの結果は大抵のところ、長い目で見ると体重が減るどころか増加になりがちということである。

では、どうやって対策をしていくのか?

五感に集中する。

「え、まさかの瞑想とかそういうスピリチュアルな話!?!?」

いやそういうんじゃなくて、自分の身体や脳とうまくコミュニケーションを取りましょうということだ。

身体の発する人号を理解し、意識して食べる。

空腹の時こそ食事を取り、お腹が満たされたらやめる。

空腹でない時に食べると体重が一気に増えてしまうからである。

空腹感だけで、食事をやめるように訓練する。

食事制限や運動も必要なのかもしれないが、それ以上にもっと本能にしたがって食べるということ。

ダイエットがうまくいくのならみんなとっくに痩せているでしょう?

どうしてみんな失敗しているのに、同じやり方をやり続けて、自分だけはいい結果が出ると期待するのか!?

無駄なものを食べなければ、普通の体型に戻るよ。

そんなに腹減ってないのに、スイーツぶち込んだり、スタバのカロリー高いよくわからんスーパースターデストロイヤーみたいなものに課金するなんて、無益でしかないと思うよ。

 

 

 

なぜダイエットは成功しないのか。

全国の女子大生、OLの皆さ〜ん!!

みんな大好きダイエットについて語る時間ですよ〜!!

僕は生まれてから今まで

「○○さん、痩せたら可愛いのに〜」

という人が痩せたところを見たことがない。

この怪奇現象や法則性に名前を付けれるなら、僕の名前を使っていただきたい。

さて、ダイエットに何度も挑戦してその度に失敗している人は、なんで失敗しているか考えたことがあるだろうか?

「いや〜誘惑に勝てなくて」

「長期的に続かなくて」

なんだか聞いてるだけで耳くそがたまりそうが話が出てきそうだが、

じゃあなんで誘惑に勝てない、自分にどうしても甘くなってしまう

ここまで考えたことがあるだろうか?

ないでしょ!!

「考えたことあるの?ないでしょ!!(某予備校講師風)」

物事の根本に焦点を当て、そこから考えを昇華させる。

それが科学である。

本日が、なんで全国の小太り可愛い子ちゃん達が理想の体を手に入れることができないのかを考えていこうではないか!!

まず、明らかに体重は食べた量とカロリー消費量で決まる。質量保存でもなんでもいいが、何もしてないのに勝手に太るなんて、我々の世界が三次元である以上普通の体ではありえない。

多くの人が気づいていないことは、空腹感とカロリーの消費量は、ほぼ無意識のうちに脳でコントロールされているということだ。

人間、脳でコントロールしているように感じて、実は自分自身の脳をうまくコントロールできていない。

映画に夢中になっている時に、呼吸をいちいち気にせずに済む、夕食で何を食べようかと考えている時に歩き方を忘れない、これらと同じように脳はどれだけの体重が必要か、あなたが意識的に信じていることとは別に理解しているのである。

これをセットポイントと呼ぶのだが、

ライフスタイルを変えることによって、4kgから7kgの範囲で人間は体重を変えることができる

人間ってすごいんすよ実は!

だから、その範囲から出ようといくら努力しても、脳の一部である視床下部が体重を制御するように働くのである。

「体重を増やせ!!」という化学的な信号と、

「体重を落とせ!!」という化学的な信号共存していて、

飢え、活動、代謝と言った体内から発せられる信号にうまく反応し、状況がいくら変化しても体重を一定に保とうと無意識に働くのだ。

もちろん生き延びるために得た人間の能力だろうね。

つまり、ダイエットで少し体重が落ちると、その強力なメカニズムで、正常と考えられる体重に無意識のうちに戻ろうと働く。

ひどく体重を落とすと、脳は飢餓状態と判断し、空腹感が増し、筋肉のエネルギー消費量が減るのである

つまり、痩せにくくなる。

あなたが痩せたいという意識とは別に、脳は働いてしまうということ。

コロンビア大学のルーディー・ライベル博士が発見したことに、

体重を10%落とした人は、代謝が抑制されエネルギーの消費量が250から400カロリーに減るということだ。

これは、かなりの食べ物の量に相当する上、ダイエットで落とした体重を維持するには同じ体重で元から痩せていた人に比べ、食べる量を少なくしなければならない。

〜 一番大事なポイント 〜

一時的な体重増加が、半永久的になりうる。

体重が高いまま長い時を留まると、脳がそれがあなたの平常体重とみなしてしまう。

 

今スタバの新作を飲みたいと気取ってるそこのあなた。

そのちょっとした無駄なカロリー摂取によって培われていくあなたの体は、半永久的なものになってしまうですよ!

残念なことに現代は無駄な食べ物が多すぎる...

「じゃあどうすればいいですか!」

この対策については、次また投稿する。

人間、自分のことを自分で支配している気でいるが、

実際はほとんどコントロールできていないんだよ?

ってことだけ覚えておいていただきたい。

じゃ、また!

 

 

 

お前らの恋愛なんてインスタなかったら終わるんだろ。

恋愛をより楽しいものにするためにSNSを活用しているのか。

はたまた、SNSを充実させるために恋愛をするのか。

他のカップルの充実してそうな様子というものを、インターネット上で手軽に拝見できるようになった現代、

恋愛の形というのも時代とともに変化してきた。

当たり前のことだ。

だが、「恋愛の形が変わった」の一言で片付けていいのか??

と思わせるような痛い投稿もよく目にする。

なぜそんなにも恋人との様子を周りの人間に報告したがる?

その心理だけは全く理解ができない。

あ、勘違いしないでほしい。

僕は理解ができないと言っているだけで、「そういうカップルがくそだ!!」

なんて一言も言ってない。一言も言ってないぞ!!

「いつも通りの普通の投稿をしようと思ったんですけど、それがたまたま彼氏といる時だったんです〜」

くらいの感覚でたま〜に上がってる分にはなんとも思わない。

だが実際携帯を開いてみると、

見てるだけでIQ50くらい下がりそうな写真や文章ばかりじゃないか!!

どうしてくれるんだ俺の少ない知能指数を!!

「じゃあ見なければいいじゃないですか」

まぁ正論ですわなそれが。

だが、僕自身ネット依存な人間なのでどうしても目に入ってしまう。

そもそもなぜ自分らのラブリィーな様子を見せびらかすのだろうか。

「急に得た特権階級は人のモラルを低下させる」

という傾向が心理学的に見られるという研究結果が心理学から出ている。

例えば、今までそこまでお金を持っていなかった人がお金を手に入れて高級車なんかを手に入れると、急に割り込みや信号無視をする傾向が増えるということだ。

ではこの心理をSNS恋愛依存カップルに当てはめてみよう。

おそらく今まであまり恋愛に恵まれてこなかった人が急に大学で恋人ができたとする。

そして、今までは自分の周りの充実した恋愛というものを見てきていたとするなら、自分自身も急に得た特権階級を利用せずにはいられないだろう。

「今までずっと我慢してきたんだ。許してあげよう」

なんて慈悲の気持ちで彼らの投稿を眺めるとしただの失礼なやつになりそうな気がするが、実際そういうことになるのだろう。

モラルが低下するということだ。

恋愛は脳の勘違いという話は以前したが、

恋愛をコントロールしているはずが、恋愛にコントロールされているのだろうか。

まぁ理性をある程度捨てた方が楽しい恋愛になりそうだ。。。

だがしかし、

泊まりの旅行写真などをあげたりしてるのは、

「私たち、今晩SEXします!!!」

って不特定多数に報告しているようなものだ。

それって....どうなんすか。

 

人生はもっと簡単だ。

人生はもっと簡単だ。

だけど、東京のような都会で暮すのが当たり前になっているとそのことに気づけなくなってしまう。

「たくさん勉強しなさい」

「たくさん勉強したあとは、たくさん働きなさい」

というような暗黙の圧力に圧迫されながら生きる。

そして、勉強して働いて「成功」を追い求めなければいけない。

「出世」「成功」「年収」「マイホーム」「結婚」etc..

都会には生活を難しくする言葉がたくさんある。

都会の人々は、

たくさん勉強したあと、たくさん働き、たくさん稼いで何をするのだろうか?

奇妙なことに、30年以上マイホームのローンを払い続けるのだ。

悲しいことに、さらに自分の人生を難しいものにしてしまっている。

だがここで問題なのは、都会の人々は自分からどんどん人生を難しいものに変えてしまっていることに気づいていないことである。

そりゃそうだ。

周りを見渡しても自分と同じような人しかいないし、そう生きることが正しい人生だと無意識に思い込んでしまっている部分があるのだ。

「高い料理を食べても顔は変わらないよ」

僕は今でこそ地球の反対側の貧乏な小さな国に住んでいるが、

出身は東京であり、高い食べ物を食べに行くことも多々あった。

しかし、その時いつも思うのは

高いお金を払っても、その一瞬優越感に浸れること以外に何もない

ということ。

もちろんお金を払って美味しいものを食べるのも楽しいし美味しいが、

お腹が空いている時に卵かけご飯を食べてもめちゃくちゃ美味しい。

高い食べ物を食べた帰り道、

ショーウィンドウに映った僕の姿はいつと全く同じ姿の僕だった。

いつ見ても同じ体型、同じブサイク顔。

何も変わりゃしないんだ。

あとからやってくるのは、

「なんて無駄なお金の使い方をしてしまったんだ...」

という罪悪感。

子供の頃はもっと人生が簡単だった。そうでしょ?

それが大人になるにつれてお金を使うことで人生を潤すようになり、

いつの間にかお金を使うことに頼るようになってしまった。

「いや大人と子供は違うでしょ」

そうかな。

世の中にはお金を使わなくてももっと幸せに暮らしている人々はたくさんいる。

お金を持っていなくてもたくさん家を思っている人もいる。

彼らは人生を簡単に生きる方法を知っているのだ

人生はもっと簡単だ。

しかし、現代社会を生きる都会の若者は人生を簡単に生きる方法を知らない。

僕はそういう価値観を今の若者こそ学ぶ必要があるのではないかと思う。