エストニアで美女に溺れる。

エストニアという国で一人ダラダラしてます。

人生はもっと簡単だ。

人生はもっと簡単だ。

だけど、東京のような都会で暮すのが当たり前になっているとそのことに気づけなくなってしまう。

「たくさん勉強しなさい」

「たくさん勉強したあとは、たくさん働きなさい」

というような暗黙の圧力に圧迫されながら生きる。

そして、勉強して働いて「成功」を追い求めなければいけない。

「出世」「成功」「年収」「マイホーム」「結婚」etc..

都会には生活を難しくする言葉がたくさんある。

都会の人々は、

たくさん勉強したあと、たくさん働き、たくさん稼いで何をするのだろうか?

奇妙なことに、30年以上マイホームのローンを払い続けるのだ。

悲しいことに、さらに自分の人生を難しいものにしてしまっている。

だがここで問題なのは、都会の人々は自分からどんどん人生を難しいものに変えてしまっていることに気づいていないことである。

そりゃそうだ。

周りを見渡しても自分と同じような人しかいないし、そう生きることが正しい人生だと無意識に思い込んでしまっている部分があるのだ。

「高い料理を食べても顔は変わらないよ」

僕は今でこそ地球の反対側の貧乏な小さな国に住んでいるが、

出身は東京であり、高い食べ物を食べに行くことも多々あった。

しかし、その時いつも思うのは

高いお金を払っても、その一瞬優越感に浸れること以外に何もない

ということ。

もちろんお金を払って美味しいものを食べるのも楽しいし美味しいが、

お腹が空いている時に卵かけご飯を食べてもめちゃくちゃ美味しい。

高い食べ物を食べた帰り道、

ショーウィンドウに映った僕の姿はいつと全く同じ姿の僕だった。

いつ見ても同じ体型、同じブサイク顔。

何も変わりゃしないんだ。

あとからやってくるのは、

「なんて無駄なお金の使い方をしてしまったんだ...」

という罪悪感。

子供の頃はもっと人生が簡単だった。そうでしょ?

それが大人になるにつれてお金を使うことで人生を潤すようになり、

いつの間にかお金を使うことに頼るようになってしまった。

「いや大人と子供は違うでしょ」

そうかな。

世の中にはお金を使わなくてももっと幸せに暮らしている人々はたくさんいる。

お金を持っていなくてもたくさん家を思っている人もいる。

彼らは人生を簡単に生きる方法を知っているのだ

人生はもっと簡単だ。

しかし、現代社会を生きる都会の若者は人生を簡単に生きる方法を知らない。

僕はそういう価値観を今の若者こそ学ぶ必要があるのではないかと思う。

 

コミュ力の高さを売りにしている奴は、自分に魅力がない奴

タイトルはちょっと極端だけど、まぁそういうことでしょ。

特に日本おいてだけど、「コミュニケーション能力」というものが注目されすぎている。

そもそもコミュ力ってなんだろう。

僕にはよくわからないのだけれど、誰とでもそれなりに気まずくない会話ができたり、空気を読んだ会話がそつなくこなせます、みたいな感じかな。

コミュニケーション能力が高い人は評価され、コミュニケーション能力が低い人は見下される。

そんな社会の風潮が僕はすごく嫌いだ

自分自身に魅力がないのに、いくらたくさん友達や知り合いを増やしても意味がない。

豊かな人間関係というのは、お互いが素直に尊敬しあうことで成立する

お互いを尊敬しなければいけないという意識がある時点で、その関係は終わっている。

内容のない人間と友達になってくれる人間など、足したことないだろうし、無理やり魅力的な人間を知り合いに追加したところで、単なる知り合い以上にはなれないし、長く深い付き合いはできないでしょう。

コミュニケーション能力を磨いたり、友人を増やそうとする時間やエナジーがあるなら、その時間を自分自身を充実されることに使うべきだ。

コミュニケーション能力を第一に考えてる人が勘違いしてると僕が思う点は、

コミュ力なんてなくても自分自身が魅力的になれば人は集まってくる、ということである。

コミュ力なんて必要ない

僕はコミュ力なんていらないと思っている。

社会がコミュ力重視な傾向があるからって、

「自分はコミュ力がない...」

と落ち込む必要は全くない。

一番大事なのは、伝えたいことがあるかどうか。

いくらその場しのぎの会話がうまかったとしても、伝えたいことがなければ薄っぺらい会話になってしまう。

逆に、自分が伝えたいことがあるのならば、絶対相手は耳を傾ける。

それが意識が高そうな社会的な話、政治の話、そんなものである必要は全くなくて、

自分の面白い経験、好きな趣味、アニメ、アイドル、音楽、なんでもいい。

自分が熱く語れるものがないのに、無駄にテクニックだけ磨いたって何にもならないよ。

 

 

なぜ大学生は群れるのか。

誤解されないために最初に言っておく。

僕は別に群れることを悪いとは思っていない。

よろしくどうぞ。

僕自身は一人が好きだとか群れるのが好きだとか、あまりないなー。

振り返ってみれば一人の時間の方が多かったし(一人っこというのもある)、誘ったり縛られたりするのがめんどくさいから一人で行っちゃうみたいなのは多いけれど、群れてみんなでワイワイするのも楽しい。

一人をやたら好もうする人は、群れてる人に対して

「なにあいつらいつも群れて。群れないと何もできねーのかよ」

みたいなこと言ってないかい?

群れたい時は群れればいいし、一人の時は一人でいい

それでいいではないか。

とはいいつつも、大学生を見ているとやはり群れてる側の人間の方がマジョリティーな気がする。

ただこの群れるという心理はどこから来ているのだろうか。

まるで夜の街頭にたかる虫のように。

これは同質性の社会というのを引きずっているからというのが一つあげられると思う。

やはり高校生まで特に日本は同じスタイル、同じ価値観、同じような生活を送らされてきて、それにそぐわないと仲間はずれにされる傾向が少なからずあったと思う。

日本の義務教育というのはある意味個性を死滅させるような面は持っているからね。

ところが大学に入ると、異質な他者や異なる意見や生き方を持っている人間(もちろん相手は学生とは限らない)を理解しつつ、自分というものを育てていかなければならない。

高校までの経験や教育と大学で置かれる自分の状況にギャップがあるため、これはそう簡単なものではないと思う。

時にはぶつかることも必要で、相手を傷つけるかもしれないような意見を言わなければならないこと、自分を通さなければならない場面というのも、今までに比べはるかに多くなってくるはずである。

しかし「群れる」というのは、ここでぶつかることを避けて、妥協的に遊びや楽しみに走り、無意識かつ無理やりにでも仲間意識を保とうとしているのではないだろうか。

一人外れることが怖いというのはどこかに必ずあると思う。

サークルみたいな群れだけでなく、就職活動だってみんな同じ時期に同じように始めたり、留学だって一つの冒険っぽくうたっていながら、行った先には同じような日本人がいたり、結局

「我が道をいく」

というのはなかなかできないことだと思う。

社会心理学では、人は集団になると思考停止状態に陥り、自分の考えや行動などを深くかえりみることなく無意識のうちに行動してしまうという集団心理がある。

MITとカリフォルニア大学バークレー校、カーネギーメロン大学の合同研究で、脳のMRIによる解析でこれが裏付けられている。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

という言葉は科学的にも証明ができるということだ。

集団でいる方が、ちょっとリミッターを外した理性に従わない行動を取りやすいということになる。

行動するのが怖い人にとって、集団心理の利用というのは理想の自分を描くにもってこいかもしれない。

だからむしろ、「群れる」ということは結構自然なことだと言える。

ただここから僕が一つ言いたいのは、誰でも一人で思い切った行動をしてみたいという心理はあると思うし、ただ集団心理が働くと良い意味でも悪い意味でもそういう「自分の中で見つけた違和感」というのが薄れてきてしまうから、常に違和感を大切にしていくべきだ、ということ。

自分というのは、思っている以上にコントロールするのが難しい。