読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート、エストニアで美女に溺れる。

エストニアという国で一人ダラダラしてます。

大学は必要ないのか。

「大学は必要ない」

という意見はよく耳にする。

特に実業家とかからね。

もっとひどいと

「大学に行く奴はバカだ」

みたいな意見もある。

賛否両論あって評価が難しいところだ。

いやー実際どうなんだろ。

僕は別に行く必要もないと思ってる側だけど、そもそもこんなこと考えても無駄な気がする

まぁ僕は大学院まできちゃってどっぷりアカデミックに肩まで浸かっちゃってるゴミ人間だけど、好きな勉強をしたり楽しむためにきてるようなところだから、無駄には感じてないなぁ。

ただ将来働くということを考えた時、大学というのは大して意味のない世界だと思う。

だから「大学は必要ない!」に一票!!

理由は...

 

 

 

 

だって、授業超つまんなくね?

僕、90分の授業のうち60分はツイッターフェイスブックにいると思う。

世間はこれをゴミと呼ぶ。

先生「授業中にツイッターをやるな!」

生徒「ツイッター中に授業をやるな!!!」

くらい授業に集中してない。(実際こんなことはないよw)

もちろん面白い授業もある。

でも過半数は退屈、そう感じているのは僕だけではないはずだ。

そうなってくると、

「日本の大学生は遊んでばっかじゃん、ゴミじゃん」

みたいな槍が教授や実業家から飛んできそうだ。

いや飛んできてるし、刺さりまくってるし、お前らどんだけバカにしたいんや!

でもどうだろ。

彼らの言う「大学は必要ない」

には大学なんて社会で役に立たないから、大学なんか行かずに起業しろ!

というメッセージが込められていることが多い気がする。

その場合、それは単なる自分の価値観の押し付けにしかなっていない。

もっといえば大学生をバカにして自分は特別な人間なんだぜ!という優越感やエゴに浸りたいだけに見える。それダサくないっすか。

「好きなことをしろ」

と言われたら、

「大学生活は好きなことに含まれないんすか?」

で対応しよう。

別に働く意欲が薄い僕のような人間もたくさんいて、大学行って楽しく過ごしたいなぁというスタンスで大学にきている人間もいるわけで、それが悪い理由なんてないだろう。

「いや親に高い金払わせといて、それはないだろ」

と言いたそうな線路に敷き詰められた石みたいな顔をしている人がちらほら見えるが、

「大学に行くのが普通だから」

「大学に行かないと世間的に...」

みたいな理由でお金がないのに行くなら無駄だと思うが、

お金に余裕があって本人や親に問題がないのなら、

別にダラダラ通っていても問題はなくないか?

本人たちが

「いやー大学、、、なんかつまんないし、無駄だなー」

と感じたらやめればいいじゃん。

大学が無駄かどうかは、大学に入ってみないとわからなければ、

無駄だと感じてもそれで満足なら別にそのままいてもいい。

それに大学に行った方が就職が有利に働くという現実がある以上、

特に若くして起業した人は大学生をバカにする傾向があるが、

「大学は必要ない」で押し通すのは、違う気がする。

起業精神から見れば大学は無駄な場所でも、そうでない人にとっては無駄にはならない場所なのかもしれないのだから。