読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニート、エストニアで美女に溺れる。

エストニアという国で一人ダラダラしてます。

単純に男にモテたいなら、女子力上げるより胸を盛れ

こういう話、前から書こう書こうと思ってた。

僕は科学者にもエンジニアにもなれるほど知識もスキルもないが、今の僕の研究テーマも考慮して、科学を非科学にぶち当てるのが結構好きだ。

マーケティングや恋愛、経済などに科学を適応した話に出会い、

「科学って面白いじゃん!」

と思ったのが、未だに勉強している理由でもある。

だから宇宙とか素粒子とかに興味を持って科学を専攻する大多数に比べられ、

よく先輩とかからは「お前変わってるな」

と言われたりする。

さて、前置きはこの辺にして本題に入りたい。

恋愛を科学で証明しよう。

ちなみに、心理学は日本では文学に属するが、欧米では科学に属するので心理学も科学という前提でいく。

まずはじめに男性にモテる女性の像ってなんだろう。

優しい、美人、気がきく、明るい、清楚、ノリが良い、etc...

こんなところか。

また、料理ができ、家庭的で優しい。

こういった俗に言う「女子力の高い女子」

というのも人気の一つであろう。

世間で「女子力」という言葉が使われているのも、

女子力が高いと人気者になれる要因になりうるからではないだろうか。

それゆえ世の女子は、美容に気を配り、料理の勉強をし、合コンや飲みの席では、

料理を取り分けたりなど常に気を配る努力をする。

いろいろできる万能女子、さらに見た目もよければ完璧でモテモテというわけだ。

だがはっきり言う。

そんなに大変な努力をしなくたって手っ取り早く男性にモテる方法あるよ

あくまでこれは僕の個人的見解ではなく、科学的に証明されていることである。

男性と女性の異性に求めるものの違いを見ていこう。

まず女性という生物は、男性にアベレージを求める

顔がカッコいいだけでは足りず、収入や学歴、職種などなど

そういったあらゆるものを評価して、相手を見る傾向がある。

これは女性は子供を産める回数が限られているために、生物学的にもやはりパートナー選びには、男性より慎重になるからであろう。

一言でまとめると、女性はアベレージが高い男性を好きになる傾向がある。

一方で男性は違う。

男は「一点豪華主義と言われている。

これは、一つ目立つ特徴さえあれば男性は女性を好きになる確率があるということだ。

例えば、

目が大きいから好き、胸が大きいから好き、スタイルがいいから好き、というように何か一つ気を惹く魅力があれば男性は女性を好きになる。(これを世間は変態と呼びますが...)

つまり、男性はクソ単純でアホな生き物ということである。

おそらく男性は女性と違い子供をいくらでも作ることが理論的には可能であるため、単純な恋愛観でも問題ないということなのであろう。

だがここにカラクリがある

女性はアベレージ主義のため、男性もアベレージ主義なのではないかと勘違いして、

女性自身もアベレージを上げる努力をする方向に走りがちということだ。

違う。男は一点豪華主義だ。

つまりタイトルにあるように、いろんな努力をして女子力をあげるより、

胸を盛る方が、圧倒的簡単に男の気を惹くことができる科学的には明白である。

もちろん結婚して長く付き合っていかなければならないなら、女子力というのは必須になるかもしれないが、

「ただ単純にモテたい!男の子にちやほやされたい!」

というのならば、小細工してでも胸を盛る、スタイルが良いのならそれが強調される服を着てみる、また特技や性格などで自分の光る部分があるなら、それを磨きまくった方が慣れないことをやるよりも効率が良いと思う。

って書いているうちにこれ誰の何のために書いているのかわからないことに気づいた...

結論:

男が単純な生き物なのは科学的に明白である。